まとNEWS
【訃報】名女優の江波杏子さんが肺気腫のため死去 76歳 「父のプラモデルを売って家族旅行に行きたい」テレビの特集にネット同情「納得済みとはいえ可愛そう」「父さん心なしか遠い目」
オレオレ詐欺グループで指示を出していた大学生の男がニッカニカの笑顔で連行される 【朗報】いきものがかり約2年ぶり活動再開
YouTuber芸能人気取りすぎだろ 河野外相、徴用工判決について各国政府への説明を指示 
スマブラ新作にドマイナーなポケモン参戦wwwwwwwwwwwwwwwwww “飲酒”で逮捕 JAL副操縦士は保釈されず裁判へ
【TPP】日本への経済効果7・8兆円 牛肉など安く 冤罪事件の後味の悪さ・・・
【画像】ゾウと仲良し、ベトナムの6歳女児…野生のゾウと深い絆で結ばれる
1Hi everyone! ★ 2014/10/30(木) 16:18:44.72 ID:???.net
 英紙「デイリー・メール」の28日付記事では、ベトナム中部のモノン族の6歳の女児Kim Luanちゃんは、野生の成年ゾウを手なずける
ことに成功し、深い絆を結んでいる。

 モノン族は、野生のゾウを手なずけることに長けている。ゾウは野良仕事や貨物輸送、家屋建設に使われる。

 Kim Luanちゃんはゾウと仲良しで、ゾウもKim Luanちゃんと一緒に遊ぶことが好きなようだ。フランスの35歳の写真家Rehahnさん
は10月初頭に、ベトナムのBuon M’Liengでこの温かい場面を撮影した。「ゾウは部族の一員と見なされ、すべてのゾウに関することは
部落の伝統に従わなければならない」。

 Rehahnさんは「外国人として、このような人間とゾウとの関係に驚く。モノン族の田畑、花園などではゾウの姿がよく見られ、猫のように
日常に馴染んでいる。お互いに尊重し合っていることが感じられる。この少女はゾウより私のことが怖いらしい」と語った。

 Rehahnさんはベトナムで7年ほど生活し、4万5000枚の写真を撮ったが、モノン族とゾウとの交流を見たのは初めてだ。「Kim Luan
ちゃんにとって、ゾウは危険な生き物ではない。ゾウに悪さをしたら危険な目にあう」と述べた。

ソース(新華社) http://www.xinhuaxia.jp/social/50991
写真

1_1

1_2

1_3
 


きゃりーぱみゅぱみゅ 泥酔して転んで頭から大量出血、7針縫う。半年前に 【天才】カップ焼きそばの蓋に付いたキャベツを落とす装置キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
【画像】ブラジルで至近距離から撃たれた拳銃の弾を3回も避けた幸運のオッサンが話題に トップレス禁止、22時以降トイレ禁止、死ぬことが禁止など・・・世界のトンデモ法律
【火力】「国内炭」に再び火 生産量、原発止まり高水準 夕張は25年ぶりに出荷 正直 今の日本おかしいなと疑問に思ってる奴集合
【ビバ! 皮下脂肪】寝たきりだったのが起き上がれるようになった! 噎せずに食事ができるようになった! 幹細胞投与でALS症状改善 か 新婚初夜の翌朝に知った妻のすっぴん、夫が「泥棒かと思った」と訴える(アルジェリア)
すぐに「俺、嫌われたんかな……。」って心配になる奴ωωωωωωωωωωω 女さん「3ヶ月間海外旅行したら世界変わったから漫画にしてみた」
2018年記事一覧
2017年記事一覧
2016年記事一覧
2015年記事一覧
2014年記事一覧
2013年記事一覧
2012年記事一覧